スクイの小夜曲

ミュルミナさんと、ショさんが「死に逝く君、館に芽吹く憎悪」を取り上げたので、同じバグシステムさんの前作(処女作)「スクイの小夜曲」でも。 身も蓋も有りませんが、絵買いです。 原画の丸新さん、「魔導書の司書」でお見かけして

夏空カナタ

絵が可愛らしくて、夏の島(田舎っぽい)が舞台という事で手を出してみた。 結果、火傷した。 先日、「千恋*万花」の感想の際に触れたので、「夏空カナタ」も書いておこうと思います。 このゲームの問題点は、何に主眼が置かれている

明日の君と逢うために

オーソドックスな純愛ゲーがやりたくなった時に、たまたま見つけて購入。 そんなわけで、珍しくムービーを予約後に見たゲームでした。 シンプルで可愛らしいパッケージから、キャラ萌え的な部分を主に期待していました。 それが大当た

プレシャスLOVE

豚野郎です。今回紹介するのはプレシャスLOVE。相変わらず時勢とか読まないレビューですまない。本が崩れてきたので整理してたら設定資料集見つけたからって理由だけなんだ。 ■あらすじ もうすぐ12月・・・時間がクリスマスにむ

千恋*万花

神様とか和のテイストに弱いめたすらさんです。 OPムービーと曲で一気に持っていかれて購入決定。 ゆず作品OP恒例の(しょっぱかった)アニメも、作を重ねるごとに完成度が上がり、当作「千恋*万花」のムービーではネタにする所が