世界ノ全テ


随分とお久しぶりになります、豚野郎です。

いろいろ懐かしくなったので敢えて今投稿してみようかなって。

 

■あらすじ

8年ぶりにこの地へ帰ってきた主人公・宮本浩。御室学園に転校するために戻ってきたのだ。8年前にいたときとは、感じの違う街になっているような気がした…。
旧友と再会する浩。親友である中井戸は軽音部の部長を務めていた。中井戸の誘いもあり軽音部に入部する。軽音部では小西智子、如月ほのか、櫻井まりも達と出会い、未熟ながらも固い絆を深めていった。そんな中、友と過ごす楽しい時間が心に余裕を持たせ、自分の居場所の居場所というものに疑問をもつようになる。
8年…、8年間この街にいなかったのだ。(公式もうないのでげっちゅ屋から抜粋) 

■シナリオ

メインヒロインの智子が強すぎる。

ヒロインが強いのはいいんですが、どのキャラ選んでもこの娘の影がちらついてきます。ただまあこのゲームではそれでいいかなとも思える程度には智子が魅力的でした。そしてこのゲームの中核を成す青臭さ・あの年代特有の何かを苦手としていると、一気にダメに感じてしまうシナリオでもあります。主人公の無力さも意図的に描いていると思うのですが、この無力さがまた嫌われる一因でもあるのでしょうな……。

そして無印ではその一強のメインヒロインである智子シナリオはビターエンドのままで終わり、救いはありません。だからこそ美しくもあるんですが、陳腐でも救いを描いた追加アペンドが出るのも止む無しかと。この辺りは好みですね。

 

■キャラクター

メインヒロインの智子が強すぎる(二回目

4人いるヒロインでメインが一強なので何とも。まりもはまあいいとして、ほのかの影の薄いこと薄いこと。

先生はシナリオ語るキャラでもないし……あの終わり方は嫌いじゃないんですが。

 

■挿入歌

この作品の人気を高めた要因でもあるものです。いい。とてもいい。

でもおねいさん周りでは割と好き嫌いあったので人は選ぶかも。

■エロ

頑張ってはいます。そういうのを求める作品かはともかく。

舞台の都合上みんな関西弁なので、そういうの好きな人は+1点くらいされるかも。

■総評

作品全体に流れる青臭さと、メインヒロインの智子が好きになれるかで評価は大分分かれると思います。おねいさんはそれなりに好きです。微妙に人気あった作品に顕著ですが、いろいろ種類出てて混乱するのが玉に瑕。特に拘らないのであれば無印やって、以後気になるのなら他のも買ってみるといいかと。

 


The following two tabs change content below.

豚野郎

ロートルなおねいさん。 北都南氏と野上奈々氏と涼森ちさと氏とダイナマイト亜美氏とやる気がある時の木葉楓氏が出てたときはだいたい買ってた。