玉響


伝奇モノ。良OPクソゲで有名なあの作品とタイトル似てますが異なります。メイン♂5人、サブヒロイン40路のおばちゃん1人(2人)のモノホンBLエロゲです。ちなみにおばちゃん死にます。

>>>公式HPはこちら

BLゲーで伝奇モノという意欲作品ですが中々雰囲気がよろしかったです。怖いもの見たさに購入しただけなので、全カップリングを攻略したわけではありません。特にBLゲーが好きなわけでもありません。

 

【あらすじ】
主人公・透夜は大学生。明日から夏季休暇。懇意の民俗学の教授に「秘祭を取材しにいかないか」と誘われる。場所は他村との交流を絶った、紀伊半島の陸の孤島・御坂集落。出発前日に、教授が謎の緊急入院で来られなくなってしまう。そこで急遽親友の俊一を引き連れて現地へ向かう。
毎年秘祭を催しているが、今年は12年に一度の特別な本祭。絶対失敗は許されないとのことで、御坂集落は異様な雰囲気に包まれている。集落に辿り着いたが、まるで歓迎されていない。こんなことでちゃんと取材ができるのであろうか…
【シナリオ】
元ネタがあるのかオリジナルなのかわかりませんが、良くできています。終始ダークな雰囲気に包まれており、宗教じみた村の祭りへの傾倒がおどろおどろしいです。
みかんなぎにまつわる話が半分くらいを占めます。今勤めている者が正統な血筋ではないため、主人公が狙われる羽目に・・・・
せっかく村唯一のサブヒロイン・左知代さんがほっこりムードを作ってくれ、良い清涼剤になっているのですが、あっけなく殺されてしまうため後半は男のみで男臭いです。どうしてこうなった。
【キャラクター】
透夜…因果に翻弄される可哀想な主人公。
俊一…主人公の中学時代からの親友。
久瀬…神代付きの弁護士。クールでキザなキャラ。
遼…禰宜。やたらと透夜に当たりが強い嫌味キャラ。でも実は良い奴というテンプレ。
神代…宮司。祭の成功を第一に考え、人の尊厳を踏みにじる狂信者。
【絵】
背景がなかなか好みのものでした。封鎖集落っぽさが出ていますね。
キャラのタッチはややアニメ調ですが、遼なんかはイケメンに描いてくれてますし、久瀬さんもクールさがにじみ出ていてよろしい。
儚さを伝えるCGが特に上手く機能していたかなと。
えっちしーんの表情が綺麗でした。BLゲー独特のエロさが出ていたと思います。
巷のBLゲーにそのままえっちしーんを加えた感じなので、BL好きな方は満足できると思います。
【音楽】
音楽がとても優秀です。雰囲気作りに買ってくれています。
【まとめ】
BL要素を取り除いても伝奇ゲー雰囲気ゲーとしてなかなか優秀な作品であると思います。教授を除くとおばちゃん以外女性キャラ0なので寂しいです。でもBL耐性無いぼくでもプレイが苦痛になるとか全くそんなことはなかったので、シナリオに意識が向く良い作りであります。没入できます。結構凌辱要素強めなので、そこだけ気を付けて購入してください。あんまり出回ってませんが…笑


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

エルフの森のオークさんです。 シミュレーション系やRPG系を好みます。変身ヒロインモノに目がない。抜きゲーや同人ゲーも好みます。

最新記事 by ミュルミナ (全て見る)