VREA 少女と仮想世界の秘密


エロゲでカードゲームをという意欲的な同人作品。カードの能力継承システムが単純に見えて難しく、デッキのビルドに悩みます。


>>>DLsiteの作品紹介HPはこちら

 

購入、宣伝して続編への応援を!とおまけコメントにありましたので記事に残してみます。
【あらすじ】
仮想世界でカードゲームをプレイし競うVR・MMORPG『VREA』が巷で話題となっている。
JKの佐倉茜は、ある噂を聞いてVREAにログインする。
目の前に広がる仮想世界はどこも美しく、現実とは違った魅力に溢れていた。
噂を確かめるために、佐倉茜は「VREA」のサポートAIに導かれて、
ゲームの世界を堪能するのだが…(DLsite紹介より引用)

 

あっさりですが一続きのシナリオです。
プレイヤーはアバターをカスタマイズできるが、容姿が整っていると”補正無し”プレイヤーとして、カスタマイズ不可で現実を模したアバターとなる。茜も補正なしでログインすることになる。「現実にこんな可愛い女の子が居るのか…」補正なしプレイヤーは歩くだけで注目の的である。
そして忍び寄る運営の魔の手。この仮想世界では犯されても現実には一見何の影響もない。運営の人間は、カードゲームに敗北し仮想酔いした女の子を催眠状態に陥らせ、しこたま犯してきたのだ。
興奮状態で敗北し仮想酔いした女の子を二回犯し、もう一度仮想酔いさせると洗脳が成功し、現実世界でも犯された相手を好きになってしまう恐ろしい”不具合”があるらしい。そして今回のターゲットは佐倉茜。
補正無しプレイヤーがイベントに参加すると全体のログイン率があがり収益が上がる(純粋に運営の利益でもあり、嘘ではない)とのことで運営とスポンサーから個別にイベントへの参加を打診される。そして別途多額な報酬を支払うとのことで”不具合”の状況再現、調査依頼も受ける。茜は躊躇いながらも受けるのだが…
【システム】
普通のダンジョン探索RPGですが、戦闘はオートのカードバトルで行われます。予め行動が決められたパーティーでバトルするイメージで良いと思います。ランダム要素は排除されています。カードゲームですし無い方が良いですよね。
カードには固有スキルと、継承スキルがあり、継承スキルはそのカードが戦闘不能になっても次のカード、その次のカード…へと能力が引き継がれます。つまり3枚目のカードは1枚目、2枚目、3枚目の継承スキルを全て使えます。ボスカードとの戦闘まで保たなくても、早めに強力な継承スキルを持った切り札を先頭にするか、前座には相応のカードをぶつけてボスに切り札を温存するか…単純ながら戦略性があります。
道中の雑魚カード、補正無しプレイヤーのアバターカード、ボスカードは相手を倒すことで入手できます。
茜のアバターカードは成長します。特に補正無しプレイヤーはアバターカードの成長が著しいです。本作では仮想世界で犯されることでアバターカードが成長します。
残念な点を挙げるとすれば死にスキル、死にステータスのカードが大半で、結局強カードの何枚かから選んでデッキを組むのが盤石になってしまうことです。道中の雑魚敵からでもちょっと癖のある特殊なカードが入手できればデッキを組む楽しさが広がったのになあと惜しまれます。
バッドエンドルートでの後半のインフレが激しく、結局最後に貰ったカードしか使わないと思います…
アイテムももうちょっと戦略性の広がるカードがあったらなあと。奇数偶数の盾とかこのゲームだからこそ生かせる面白カードだったんですが如何せん使用可能回数が少なすぎるのがね…
【絵】
ヒロインは可愛く描いてくれており大変満足。ちょっと丸みのある画が特徴的。
【えっちしーん】
15シーンと中々奮発。一通りのシチュエーションがそろっています。仮想世界妊娠プレイもあるのですがお腹の膨らみはありません。なお現実での3回目のえっちでは妊娠していません。
敢えて不満を挙げるとするならば、サブヒロインとのえっちしーんが一切ないことでしょうか(暗転のみ)
【まとめ】
バッドエンドのシナリオが中々良かったです。ちょっと急展開ですが、これが続編に繋がるらしいので期待しています。
1000円ちょっとで購入できますがお値段相応遊べると思います。カードゲームといってもデッキの順番いじるだけですが、継承システムがツボですね。一度デッキに組み込んだカードを他のデッキで流用できないため、複数デッキの旨味があまり出ていません。敗北用のデッキを組めるのは有難いんですけどね。
あと引き継ぎのカードとアイテム、シャレが効いていて良いです。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

エルフの森のオークさんです。 シミュレーション系やRPG系を好みます。変身ヒロインモノに目がない。抜きゲーや同人ゲーも好みます。

最新記事 by ミュルミナ (全て見る)