さよならを教えて ~comment te dire adieu~


ここまで投稿数が伸びても挙げられなかったのは他の方が意図的に避けてたのかわかりませんけど笑 世代のプレイヤーではないので、数年前に出た廉価DL版の感想、ここ数年で新旧のエロゲに触れた者なりの感想です。

>>>公式消滅のためDLSiteさんの作品紹介ページ

前世紀のゲームにしようと思ったらさよ教って01年作品なんですね。

『さよ教』で親しみ深く呼ばれている本作。鬱ゲー、狂気ゲー、考察ゲーですでに多くの批評が取り上げられていますね。

はじめに申しておきますが、あまりにも情報が独り歩きしているゲームの一つなので、実際に購入してプレイしてみるのが一番であるという結論です。箱はプレミアですがDL版は安いです。2000円ちょいで買えますので、歴史を学ぶという意味でもひとつ、ぜひ。

古い作品ですが、熱狂的なファンがいるのには訳があります。今時のエロゲを中心にプレイしていると安っぽさは抗えないでしょう。あれ、こんなもん? しかし、視覚や聴覚に訴える演出が非常に優れている点は挙げておきたいです。

非常に秀逸なポイントとしてあげたいのが音の使い方。壊れたチャイム、となえの重ね合わせ演出。もの哀しいBGM。

CGやカットの入れ方も非常に視覚に訴える効果があると思います。古臭さは感じる絵のタッチですが肉感があり綺麗です。言わずもがな夕暮れ時の情景描写、夕暮れ時の暗めの暖色で統一した塗りは大きな視覚効果をもたらしています。

選択肢と結果の不整合や背景の意図的な誤挿入も意味がありました。

シナリオを読んでいくと早い段階で主人公が統合失調症に近い病気であることは伺えると思います。精神を侵された主人公の視点で読むと非常に解りやすくなるかなと。

途中で気付いてしまっても物語の世界にはまったままエンディングまで辿り着けるので、良く作られたシナリオだと思います。共通エンドはいささか手を抜きすぎですが。

シナリオの狂気さについてですが、これに関してはプレイヤーの経験値によるところが大きいと思います。近年の鬱グロゲーでも規制ギリギリに踏み込んでいるものは本作よりずっと心にどっしり残ります。これに慣れていると「あれ?前評価ほどじゃなくね?」と思わざるを得ないかなと。

オークさん的に評するとこれはリアルな、ニュートラルな狂気であると捉えています。誰もが持ちうる狂気です。現実から逃げ出したくなると、誰もが妄想に走ります。妄想に妄想を上塗りします。性的な描写、異常嗜好は見られますが脳が見せる現実からの忌避、身近な素材を使って自分の見たくないものに蓋をする、理想の自分を形成する、自分が優位であるように虐げる様は人間くさくて良いんじゃあないですか。だから評価されてるんだと思います。

思い通りにいかないのが普通であるのに納得できず、完全な自分を形作ろうと無理した結果主人公は統合失調症に陥ってしまったと考えていますが、「この場面でこうあってはならない」というメッセージが受け取れます。人生訓ですね。

ゲーム中夕方→夜しか時間帯が存在しないのは、主人公が朝昼を感じ取れなくなっている程に切羽詰っているとも見れます。

【まとめ】

『さよならを教えて』の”さよなら”の解釈は様々ですね。色んな考察を巡るのも楽しいと思います。このゲームが評価されているのはある程度の答えが明示されている点だと思います。そこから先はプレイヤーの想像次第。想像を放棄して完結するのもアリで。

オークさんは単純に抜け出せない妄想世界からの”さよなら”なんじゃないかなあと思っています。別れとかじゃなくて。結局抜け出せないんですけどね。

あと、名前遊びふざけすぎました。主人公の名前を短小にしたら緊張感が無くなりますね。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

エルフの森のオークさんです。 シミュレーション系やRPG系を好みます。変身ヒロインモノに目がない。抜きゲーや同人ゲーも好みます。

最新記事 by ミュルミナ (全て見る)