時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時-


全3部作の2作目。(1作目の感想はこちら、3作目の感想はこちら
ある意味、一番語りづらいポジションにある当作。
前作のマイナス部分は改善されているのか、次作の存在がわかっている状態でのプレイに耐えられるかが焦点になると思います。
1作目を見る限りでは大丈夫そうですし、自分もかなり続きをやりたい気持ちで始めたのも事実です。

>>>ゲーム公式サイト

■テキスト・シナリオ
これは困った。
と言っても、良い意味での話です。
あー、あえて「良い意味で」と付けると逆にうがった見方をされてしまうかもしれないけど、本当に。
というのも、前作の時も挙げた問題点が更に顕著になっているのです。
そう、本筋を進めたくて個別ルートどうでもよくなる現象です。
やっていると「あー、このへんで分岐するんだろうな」とわかるのですが、ついつい気にせずお話を進めてしまいます。
結局、最後まで正解肢を選び続けて前作同様SSS評価を貰ってしまいました。
こうなると、途中に戻って攻略をやり直すのも面倒になってきます。
そのキャラに対する感情も複雑になっていたりもするので。
と、まぁ本筋が良かったからこその現象なのですが、感想書くにあたっては原則コンプすることにしているのでシンドイと言えばシンドイ。
ただ、前作に比べて個別ルート自体は良くなっていました。
ボリューム面でも内容面でも、とりあえず付けときました感はかなり薄まっています。
Hシーンの数は前作と同じですが。
まぁこれくらいであれば自分の中では及第点。
本筋がメインだと捉えている自分の判断なので、あくまでエロゲだと考えている人からすれば満足いかないレベルだと思います。

■キャラクター
上手くやってるなーと思ったのは執事のキャラクター。
取っ付きの印象が悪く、ネガられそうなお嬢様を、あえて執事がボロカスに言ってしまうことでプレイヤーがスッとするという効果を狙ったのだと思います。
とメモしていたら実際にゲーム内でその旨の発言がありました。
自分で言ってしまうのはどうなの、という気がしないでもないですが、とりあえず正解だったようでなにより。
まぁ私としては、ハイジは好みのタイプではないのですけど。

ふひとちゃんかわいい。
1作目を終えたばかりの人には信じられないかもしれないが、ふひとちゃんはかわいいのである。
あざとさ満載だとわかっていてもかわいい。
衣装チェンジもかわいい。
このシリーズで一番やって良かったと思えた個別ルートだったかもしれません。

■ビジュアル
当たり前ですが、立ち絵などは1作目から流用のものが多いです。
で、1作目から1年ほど経過したのですが、良くも悪くも絵柄に大きな変化は無いですね。
良い点も悪い点も。
引き続きSDは抜群にかわいらしいです。
いきいきしているというか、表現力が急に増す感じ。

■音まわり
声の人も引き続きなので、新キャラ以外は特にコメントすることもありませんね。
笑ってしまったのは「超構成ロボ」。
テキストもボイスもそうなっていましたけど、意味的には「超高性能ロボ」の間違いでしょうね。
あと、全然声関係ないですけど、「nein」の綴りが間違ってました。
BGMも引き続きのものが結構ありますので、BGM先行でシーンのテイストがわかるのは、狙ってか偶然か、お話への入り込み具合に良い影響がありました。
歌モノもアーティスト変更をせず、作品の方向性と統一感の醸成に一役買っていましたね。

■満足度
3部作の2作目ということをわかった上で進めていると、当作の終盤の怒涛の展開で「あれ? これ終わっちゃうんじゃない?」と思いながら進めることになると思います。
「実は○○は××なんですよ!」というネタバラシの嵐となるのですが、「あぁそんな気はしてた」というものや、「言われてみればそうだわ、示唆するシーンあったわ」というようなものなど色々あります。
終わってみると、確かに謎は残ってはいるけど、どう話を展開してゆくのだろう。と、またしても次作への期待を煽る作りになっているのは流石です。
そして、当作は当作でキチンと話はまとまっているのも良いですね。
やはりですね、このシリーズは下手に推理しようなどと考えずに頭を空っぽにして、ただただ流れに流されるままに楽しむのが正解だと思います。
今思えば、この3部作をそれぞれリアルタイムでプレイしていた人達は大変ですね。
それぞれ1年くらいの待ちが発生しているわけで、自分なら待てません。(続きを待つという行為が苦手過ぎて1週間も待てないため、ジャ○プなどの漫画雑誌も買えないタイプ)
今から始める人は恵まれていますね、ということで最終作へと移りたいと思います。


The following two tabs change content below.

めたすら

一応管理人。 季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)