時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-


さて、3部作の最終作です。(1作目の感想はこちら、2目の感想はこちら
そもそも、3部作と銘打ってキチンと3部まで完結させたこと自体がレアな業界ですので、リアルタイムに楽しんでいた人達は強靭な精神の持ち主だと思います。
これで2部が出たっきり、3部の音沙汰が無いなんてなったらもうね。
ありがちですけどね、困った事に。
いやぁ、3作続けてできるタイミングで始めて本当に良かった。
wikipediaを事前に見ずにプレイして本当に良かった。(気をつけてください)
ここまでのところ、出来が非常に良いという印象な当作。
ちゃんと風呂敷をたためるかが試される第3部が始まります。

>>>ゲーム公式サイト

■テキスト・シナリオ
いよいよな大団円。
作中ちょこちょこ提示され続ける謎だったり疑問だったり、ちょっとした違和感だったりの正体ほぼ全てに解答があって、きちんと提示されたのは驚きました。
あー、あの時のアレはここに繋がるのね、というような事が満載です。
魔法が存在する世界で、主人公自体も色々な条件を全て認識しているわけではないという時点で、プレイヤーが全ての謎を事前に気付くのは不可能なので、下手に予想しようとしたり抵抗したりせず、ただただキャラクター達と共に翻弄される方が楽しめると思います。
3部作の最終作になって急に、アフターストーリーやifのストーリーという体裁の個別シナリオが増えました。
世界観とお話の余韻のことを考えると、ifは要らなかったんじゃないかしら、と自分の好み的には思うのですが、リトさんにフォーカスした内容だったのでギリギリ耐えられました。
いつも夢落ちでHシーンを消化してるのを、アフターストーリーで自らネタにしてるのはちょっと面白かった(モー子「あのどうしようもない夢の一環……!」)。
だいぶネタバレになるかもしれませんが、大事な事なので言ってしまいます。
ハッピーエンドです。
いやー、よかったよかった。

■キャラクター
エロゲに限らずゲームやら2次元全般のお約束というか、キャラが普通に考えたらおかしな言動をしたとしても、まぁフィクションですからね、そんなもんですよね。という暗黙の了解があるわけですが、それをまた逆手にとってきたりと、あらゆる手段でプレイヤーをビックリさせようとしてくる姿勢が、非常に好ましいと思います。
当作初出の新キャラもいますが、それほど出番はありません。
これまでのキャラだけでも結構な数いるので(脱落したり退場したりがいないので)、十分でしょう。
3本目となる当作くらいまで来ると、モー子さんに1作目のツンっぷりは面影も無く、完全にデレに支配されているのですが、自分としてはこれくらいでちょうど良いです。(ツンデレは趣味ではないため)
甘々なモー子さんをご堪能下さい。
追加エピソードではすっかり奥さんです。

■ビジュアル
魔法がある世界特有のハッタリ感がよくでた背景やエフェクトが、最後まで活きていました。
ただ、ここに来てキャラ表情の表現力に難があることが効いてきました。
特に、終盤にさしかかったところで某キャラがピンチに陥った際の表情、焦りや絶望感が全く無く、それだけ見れば日常系漫画のキャラが不条理な目にあったシーンで「えぇぇぇ~~~」とか言ってるような感じに見えてしまいます。
大事なシーンだけに、これはちょっと残念でした。
キャラ造形自体は優秀なので、今後に期待。
SDがかわいいのは相変わらず。
真面目な展開が多くなる中、話の腰を折る事もなく、一服の清涼剤として機能していました。

■満足度
満足です。
3部作と言っても、一時期流行った超絶ボリュームのシナリオゲー達と比べれば、それほど変わらない程度の分量だったかもしれません。
自分としてはちょうど良い塩梅。
歳のせいか、あんまり長いとシンドくなっちゃうもので。
今であれば自分が購入したTrilogyBoxであったり、Memorial Editionであったりがあるので、割と手軽に手に入れることができるでしょう。
なんならPS Vita版の「陽炎に彷徨う魔女」でも、3部作全部+追加シナリオが楽しめるらしいので、良いのではないでしょうか。
元々エロ薄ですし、自分なんかからするとむしろエロ邪魔くらいになっていましたし。
当作をはじめとして割と気に入っているブランドのUNiSONSHIFT:Blossomさんが、当作を最後に新作を出していないのが気になってはいますが、細々と応援は続けようと思っています。

SF(少し不思議)な魔法ありの世界に抵抗が無く、ハッピーエンドが好きで、ミステリー”風”の展開でドキドキするのがお好みな方には、是非とオススメできる内容です。
特にエロゲという媒体ではなかなか無いテイストの作品ですので、ひたすらイチャイチャするのに飽きた方や理不尽な性的暴力の嵐に疲れた方、リッター単位で精液を放出して枯れた方などなど、これぞエロゲといったものから目先を変えて、箸安めにでも触れてみていただきたいところです。


The following two tabs change content below.

めたすら

一応管理人。 季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)