とある女戦士の集団面接 女戦士としてオークやヒドラと戦った経験を御社で活かせると思い志望いたしました


女戦士と集団面接を絡める発想が天才。オークなので女戦士というキーワードに吸い込まれてしまいました。

ネタゲーです、笑いのツボが浅ければ満足度は高いでしょう。女戦士は即堕ちします。

>>>公式サイトはこちら

【あらすじ】

女戦士としてオークやヒドラと戦った経験を御社で活かせると思い、志望いたしました―――

大手企業の集団面接にやってきたのは、かつて勇者とともに戦った「女戦士」であった。

女戦士は魔物に敗れ、オークの村に監禁されていた過去があった。

主人公の面接官は半信半疑ながらも彼女に様々な質問を投げかける。

 

――オークといえば相当強い種族ですが、負けてしまうこともあったのでは?

「ええ。時々、負けることもありました」

――負けても無事でいられたのは何故ですか?

「オークは人間の男は食用にしますが、女は性欲の捌け口にしますので」

――では、女戦士さんは、オークと性交を何度も繰り返したというわけですね?

「はい、そうなります」  ―――公式紹介より引用。

 

女戦士は生真面目なのでガチトーンで発言を繰り返しています。対する主人公の面接官は冷静さを欠いていますが、周りの面接官は概ね彼女の主張を認めており、この温度差にいちいち笑わせられます。

(Ⓒアトリエさくら 2015-2018)

みさく〇なん〇つモードとか大丈夫かほんとww

【CG】

集中線の使い方等効果をうまく使っていて好印象。

他の面接者の座り方がそれぞれ異なっており、自然さが現われています。こういう細かいところに意識した描写はとてもよろしい。

【えっちしーん】

あんまりえっちいくないです。

抜きゲーのはずなんですがギャグ要素が強いのでえっちしーんはおまけだと思っています。

オークやトロル、ヒドラ、スライムに犯されます。プレイ中面接の質問により追加される女戦士の体験が異なり、一度女戦士の回想を見ることでギャラリーにえっちしーんが追加されるシステムが面白い。

女戦士はなんだかんだ即堕ちします。オークちんぽだからね、仕方ないね。

【まとめ】

人を選ぶ作品です。合わない人にはとことん合わないかも。とりあえず体験版のプレイをお勧めします。雰囲気は掴めると思うので、気に入ったなら購入をば。ギャグの切れ味は高いので、ネタゲー路線がお好みの方に特におすすめ。発想が天才なだけに単発作品で終わらせるのが非常に惜しい。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

エルフの森のオークさんです。 シミュレーション系やRPG系を好みます。変身ヒロインモノに目がない。抜きゲーや同人ゲーも好みます。