EXTRAVAGANZA ~蟲愛でる少女~


全てを奪われた少女と、彼女が産んだ伝説の蟲との親蟲(おやこ)愛物語。

抜ける蟲ゲーではなく、魅せる蟲ゲーです。

これが18禁エロゲだ(オークさん的感想)

公式サイトはこちら

未プレイの方に是非手に取っていただきたいので今回ネタバレ少な目に。極力シナリオに触れずに簡単な感想を。

【振り返り】

オークさんのエロゲプレイ2本目がこの作品だったわけで、色々順番を間違えてしまった感はありました。和姦はわかんねえなあ・・・・なんてふざけた呟きしていたらマジで和姦0シーンというね(彼氏とのえっちしーんテキスト数クリックで終了)

【全般】

攻略難易度の高さ。シナリオの深さというよりは、純粋な面白さ。フローチャート形式で楽しめるようになってまして、複雑にシナリオが分岐、ENDも分岐するのですね。オークさん自力攻略諦めて公式のヒント参考にしました。複雑に分岐するのに、最初の方で散りばめられた伏線も余すことなく回収されます。マルチエンディングのお手本のような作品で、投げっぱなしなシナリオばかり書かれている昨今のエロゲライターは見習うべきところです。長いですが次が読みたい!と思わず手が伸びる。

蟲・触手・グロ全般が好みなプレイヤーさんには強くおすすめしたい作品。自分も苦手ですが、こういったジャンルが苦手な方こそ、敢えてプレイする価値のある作品でもあります。

戦闘描写はそこまで多くありませんが、うまくCGを使っており音楽もマッチしていて素晴らしい。

制作期間の関係で成蟲編(ラスト)が尻すぼみになってしまっているのがただただ惜しい。ラスボスが咬ませ犬ですからね。十分納得のいくEDではあるのですが、もう少し欲張りたい気持ちも。蟲使いのEDについてはファンディスクで補完があり、こちらもオークさん購入しましたので後程感想をあげるつもりです。

キャラがとにかく個性的です。サブヒロインに胸糞悪くなるような女がいますが、この子は徹底的に凌辱されます。男キャラクターが更に魅力的というか狂っていて。存在感の強さがあり、キャラの味の出し方を分かっているライターさんの力量が見て取れます。

突き抜けた性癖からも余りにも有名な本作ですが、人間の底なしの発想を味わえる鬼作でありましょう。親子愛のバイブルにしたい一作です。ちなみにオークさんは泣きました。

【おまけ】

おまけのトランプゲームがなかなか楽しい。購入特典の「うぇるかむtoAnzU!」はソフトなエッチのアペンド作品であり、本編で抜けなかった(というか本編で抜けるのか、コレ…)人用の補完になっています。ユーザー愛が感じられる素晴らしいメーカーさんです。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

エルフの森のオークさんです。 シミュレーション系やRPG系を好みます。変身ヒロインモノに目がない。抜きゲーや同人ゲーも好みます。

最新記事 by ミュルミナ (全て見る)