なまいきダークエルフ3姉妹が僕に中出しを求める。


ワッフルワッフル。(今更)
ダークエルフって、なんというかこう惹かれるものが有ります。
しかもヒロインは厭々ながらも関係を持たされる展開だと言うではないですか。
これは買うしかないと、そう思いまして購入に至った次第でございます。
※なにやら評判が良かったので、今作も感想の後で各Hシーンのシチュ一覧のようなメモを参考までに置いておきます。

>>>ゲーム公式サイト

■テキスト・シナリオ
序盤におけるヒロイン勢の主人公に対する扱いの酷さといったら相当なもので、これに耐えているだけでなかなか凄いやつ(もしくはドM)だというくらいですが、主人公はそんな中でもヒロイン勢が愛しくてたまらないと、事あるごとに述懐します。
ココまで来るとちょっと狂気じみていて、ブランドカラーも考えるとこの先サイコな展開も有りえるんじゃないかと、半分不安で半分期待のような気持ちでいましたが、最後までそういった事は有りませんでした。
まぁ、エッチが好きになり過ぎてヒロインの頭のネジは吹き飛ぶんですが。

ミドルプライスのヌキゲという事もあり、余計な部分は殆ど無く終始エッチシーンなわけですが、ストーリーのエッセンスとして、主人公婆専疑惑という小ネタが出てきます。
実際は全くそんな事ないので心配しないでいただきたいのですが、最初はほんの小ネタだと思っていたら、意外や意外、最後までそのネタを引きずってお話を展開していました。
というか、わりと重要な要素でした。
天丼じゃないですが、自分は途中のローグの人あたりから面白く感じられるようになりました。
その流れで、トゥルーじゃない方のエンディングルートの展開などは、正しくコメディしていましたね。
これは予想外の収穫でした。

誤字(「羞恥心」が「羞恥芯」になっていて、なにやら意味深に。等)が残っている所は散見されましたが、もうこれはほぼどのゲームでもあるので諦めた方がいいんでしょうね。

■キャラクター
ヒロインそれぞれの方向性というか担当する役割は以下のとおり。
・長女 / ディアーノ:淫乱痴女
ダークエルフに誇りを持ち、人間とのハーフである主人公を見下す(むしろ汚物的な扱いをする)差別主義者。
最初は一番主人公との関係に嫌悪を示します。
真面目で厳格という設定にありがちな、一度開放するとズブズブとエロに沈むパターンですね。
卑語を覚え込まされる所から、精神汚染が始まった印象。

・次女 / シーラ:ドM奴隷
力こそパワーな脳筋。
自分より弱いという事で、主人公を情けないゴミのような何かだと思っている体育会系。
抵抗できない状態で色々要求される事を繰り返す過程で、自分が力でねじ伏せられたり虐げられたりすると興奮する事に気付きます。
メイドの格好をして後ろから組み伏せられたり、下等なモンスターに変身した主人公に見世物小屋で無理矢理犯されて悦ぶドMさんが完成します。

・三女 / スプラ:露出
アイドル活動のようなものをしているらしい(具体的な描写は無い)、自己肯定欲求と自己顕示欲の塊。
主人公は便利に使える小間使いだと思っているが、自分たち姉妹に対して性的な目線を向ける事から嫌悪感を持っています。
当初は主人公との関係構築に一番積極的。
見られたい、ちやほやされたいという願望が強い事から、最終的には街中でワンワンプレイに及ぶ程の露出マニアになります。

■ビジュアル
キャラ造形から何から、とにかくエロい。
三女の肋骨なんかは、まさしくそのために有りますね。
下着のみならず被服類もおしなべてエロ方面に優秀です。
エナメルか何かか? ってくらいテカりが有りますが、エロ衣装には良くある事。
絵ごとの質もほぼ問題なし。
この絵に魅かれて購入したのなら、そこでガッカリする事は無いでしょう。

エッチシーンで使われていた仰け反り差分はかなり良かったです。
ただ、クリック連打するタイプの人は、なんだかせわしなくヘドバンするみたいな見た目になってしまうので向いてないかも。
射精アニメは、改良の余地有り。
もうちょっと場所をしっかり合わせるとか、向きや量なんかも調整して欲しい感じ。
あくまでイメージだというのであれば、逆に要らないかも。

■満足度
個人的には、抜きゲのボリュームってこのくらいでも十分だと思うんですよね。
フルプライスにはフルプライスの良さも有りますが、セールスポイント1点推しみたいな作品なら、ミドルプライスくらいがちょうどかな、と。
ダークエルフスキーや褐色肌スキーな人に、安心してオススメできます。
あとは、主人公自体は悪い奴ではない(見た目も性格も)のに、ヒロイン勢に厭々ながらも関係を持たせるというシチュエーションが好きな紳士には激しくオススメです。
あまり見かけないので貴重です。

※以下、Hシーンのシチュ一覧になります。
※抜けやミス等有りましたらごめんなさい。

【スプラ】
・オナニー見せ合いで外出し。
・尻コキで外出し。
・外でデート中、路地裏に連れ込んで立ちバックで中出し。
・あらゆる体液の分泌を促す薬を飲ませて、汗で擬似ローションプレイで挿入。
 →中・外選択(「本能のままに」が中)
・装着すると他者からは犬に見えるという首輪を使って、全裸で犬の散歩プレイ。
 スプラのファンがたむろする前で放尿。主人公も首輪を付けることで犬同士の交尾に見せかけて野外衆人環視セックス。
 →中・外選択(「もっとメス犬らしく」が中)
・全裸メス犬コスでフェラ。口内射精。
 犬の服従のポーズに挿入。
 →中・外選択(「孕ませたくて」が中)

【シーラ】
・騎乗位で外出し。
・精液と混ざると感度が上がるローションを胸に付け、パイズリで2度の外出し。まんぐり返しで中出し。
・使用人用トイレで麻痺ガスを使い自由を奪って、強制フェラからイラマで喉奥射精。その後顔面放尿。
・指示に従わないと自動で尻叩きをする魔法のアイテムを使いながら、エロメイド服を着せてスパンキングからの後背位尻穴挿入。
 →前・後ろ選択(「それなら正直に」が前)
・魔法の杖で主人公がゴブリンに変身し、ゴブリンに犯されるダークエルフというシチュエーションで、異種姦専門の見世物小屋で衆人環視プレイの後背位。
 →中・外選択(「ガンガン奥を」が前)

【ディアーノ】
・目隠しをさせられた状態で素股、3度の外出し。
・塗られた物同士が物理的に引かれ合う口紅を唇に塗られ、同じく塗ってある主人公のペニスに強制フェラで口内射精。
 続いて、主人公のペニスと膣内に塗られて強制挿入中出し。
・思った事を口に出してしまう魔法の指輪で、卑語猥語プレイ。まんぐり返しで挿入。
 →中・外選択(「本能のままに」が中)
・精液の量を数倍にする薬を飲んで、ボンテージ衣装で背面片足上げっぽい立位。
 液体を場に留める魔法を使って、2発分の精液で子宮をザーメンタンクに。
 →3発目は中・外選択(「わかった」が中)
・興奮剤やら何やらエロに貢献しそうな薬を諸々ディアーノから貰って飲んだ上での逆レイプ背面騎乗位。(中に発射多数)
 続いておねだり後背位。(中に発射多数)
 →最後に中・外選択(「奥の奥まで」が中)

【ハーレム】
・ディアーノに1発、シーラに1発、スプラに1発それぞれ後背位。
 →中・外選択(「みんなを孕ませる」が中)

■分岐
【中出し】
・ハーレムボテ腹エッチ
民衆の前で公開全裸ボテ腹セックス。
お立ち台のような台の上のベッドで1発ずつ。
3人の母乳を観衆に浴びせながら1発ずつ。
折り重なっているところを1発ずつ。

【外出し】
・スプラ
犬に見える首輪をした主人公が全裸メス犬コスのスプラを散歩。(他人からは、”犬に鎖を引かれる全裸犬コスのスプラ”に見える)
そのまま街中でセックス。(他人からは”犬に犯される全裸犬コスのスプラ”に見える)

・シーラ
ゴブリンセックスをした見世物小屋で、今度は主人公がオークになってレイプ風セックス。

・ディアーノ
思った事を口に出す薬を使っておねだりしまくり状態で中出し。
子宮から精液が漏れないように魔法でキープしたところで尻穴セックスからの精液浣腸。

・ハーレム
3人を全身リップの後スプラに1発、シーラに1発、ディアーノに1発それぞれ中出し。
主人公が3姉妹の父親に変身し、トリプルフェラで顔射。
父親の姿のまま4P。シーラに1発、ディアーノに1発。

【公式通販特典】
ウェディングドレスでのハーレム


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)