闇染Revenger-墜ちた魔王と堕ちる戦姫-


闇堕ちの過程に重点を置いた、変身ヒロイン闇堕ち&バトルADVです。

めたすらさんに「6月、良い変身ヒロインモノが出るよ」とおススメされて久々の予約購入。

結果、大当たりでした。

 

なんといってもこのゲームの素晴らしいところはコマンドバトルにあります。CG、むーびー回収が非常に煩雑なのですが、毎回挟まれるバトルが飽きの来ない作りになっております。

エスクードさん公式HPはこちら

【あらすじ、世界観】

公式HPをご覧ください。

【システム】

一日の流れは交流パート⇒探索&戦闘パート⇒強化&休息パートとなっており、

交流パートでヒロインを闇堕ちに導く心の闇を見つけ出します。

戦闘パートではヒロイン毎にスキル・組み合わせを予め設定したデッキを用いて、セミオートコマンドバトルを繰り広げます。ヒロインの体力を奪いきると、【闇染モード】と呼ばれる言葉責めモードに入ります。言葉責めでヒロインを屈服させ、少しずつ闇堕ちさせ、そして性の快楽へと導きます。3~4回の闇染が完了するとヒロインは闇堕ちし、魔王の配下となり他のヒロインを堕とすサポートをしてくれます。ヒロインを闇堕ちさせ配下にして女神フェインを引きずり出し、屈服させるのがひとまずの目的となります。

【✩戦闘パート】

(Ⓒescu:de 2018)

ヒロイン毎に対策デッキを組むことができます。スキルは最初基礎スキルしかありませんが、ヒロインと繰り返しバトルを行い彼女らのスキルを使用させることでスキル解析を行い、そのコピースキルやアンチスキルを覚えることができます。また、強化休息パートで手持ちスキルを強化できます。デッキは3つ持つことができ、バトル中適宜入れ替えながらヒロインを攻略していきます。闇染モードが素晴らしいです。魔王の言葉責め・ヒロインが少しずつ屈服していくセリフを全て聞くことができ、自分が魔王になってヒロインを言葉責めしているかのような臨場感にとらわれます。闇堕ちしていく描写も非常に丁寧で、そそられるものがあります。闇堕ちしてもそのヒロインと戦うことができます。

戦闘に置いてデッキの組み方は自由であり、闇堕ちの過程も楽しめるため変身ヒロイン好きな万人におすすめできるシステムといえるでしょう。

 

【キャラクター】

城山和範(魔王クライブヘルツ)・・・主人公。魔王の魂の依り代。エロゲ―好きな、ハーレムを夢見る典型的オタク。プレイ中、魔王が同化したときの表情が気になって仕方なかった。

 

朝比奈彩華(姫騎士アーネスト)・・・彩華は主人公の幼馴染。異世界の姫騎士の魂が彩華に同化。姫騎士ということでフラグはビンビンに立っていたが、チュートリアルでヤラれて闇染の練習台に・・・。やはり真っ先に魔王の毒牙に掛けられてしまった。無念。えっちしーんは一部触手など。でもソフト多め。

 

室坂奈津姫(神罰代行者アクイラ)・・・主人公の先輩。おっぱい枠。スーツのおっぱいがはちきれんばかりで素晴らしい。案の定パイズリさせられたり。スライムえっちもあるよ!

 

綾瀬奈緒(コードネームサイレンス)・・・主人公の後輩。おしとやかな貧乳キャラ。サイレンスはクール貧乳キャラ。貧乳をネタにされて闇染が進行するカワイソウな子。

ボイスがキャラクターと非常にマッチしており、キャラクターの愛らしさからも彼女を求めて購入したプレイヤーも多いのでは。

 

霧島怜音(魔法少女シトロン)・・・主人公の先輩。変身後のヒロインは性格が180度変わるが・・・。サイレンスが本命かと思いきや、プレイしてみるとアラ不思議、シトロンちゃんの可愛らしさ、あざとさにやられてしまいましたね。隠しえっちの目隠しが非常にポイント高くそそられました。

 

久喜沢心桜(黄昏時姫ラビリンス)・・・厨二病の娘。ラビリンスは魔王の元配下であったが、紆余曲折を経て女神の支配下にある。魔王と結婚・・・・というよりしもべにしたがっている。えっちしーんはハードなものが多め。ラビリンスエンドにそそられました(こういうの好き)。

 

女神フェイン・・・物語のキーパーソン。おっぱい女神。真名が面白い。ヤラれたときの表情が非常によろしかった。

 

【えっちしーん】

条件が複雑ですが頑張って集めてください。公式HPにヒントがあったりします。

コンプは中々骨が折れます。作業周回すら楽しい良ゲーですが。

【まとめ】

闇堕ちを重点に置きそれが全くブレない。シナリオ自体は短めで雰囲気を楽しむものです。言葉責めは多少大袈裟ですが、臨場感を持たせながらバトルを楽しめる。闇堕ちの過程を楽しめる。

ヒロイン5人の個性が独立しており、好みのヒロインが見つかりやすい。

闇堕ち以降の心理描写やえっちしーんがやや少ない…ほぼ無いのが惜しいところ。この辺りは続編・ファンディスクで補って貰いましょう。闇堕ち、快楽堕ちに寄っており、ハードな凌辱は少な目です。さすが変身ヒロインの老舗ブランドというべき、良いとこ取りの初心者にもとっつきやすい作品ですね。

広く浅くを意識した客層の掴み方なのだと思われます。

【おまけ】

1周目は女神フェインと1発しっぽりやるのが目的ですが、2周目以降は各育成要素を引き継いでまったく異なったストーリー展開となります。2周目も美味しい素晴らしい作品。

ヒロインエンディングを迎えることで、タイトル画面にてそれぞれ立ち絵・表情差分鑑賞機能がついてくる。これを楽しむ層にはありがたい機能。OPムービー見てりゃ分かるんですが、女神フェインの魂の依り代はつまり・・・。

【追記】

WEBアンケートに当選いたしました!!やったね!

サイレンスちゃん担当の赤井リアさん直筆のサイン色紙を頂きました。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

エルフの森のオークさんです。 シミュレーション系やRPG系を好みます。変身ヒロインモノに目がない。抜きゲーや同人ゲーも好みます。

最新記事 by ミュルミナ (全て見る)