鬼ごっこ!


おとぎ話をモチーフにしたおはなし。イチャラブ成分多め。

ALcotさんの有名作品の一つ、鬼ごっこ!です。

この作品の良さはなんといってもテンポの良さでしょう。お話自体もスルスルと読みやすいつくりになっていますが、その場面場面で次々と繰り出されるギャグを、突っ込み担当キャラが勢いを殺すことなく回収していきます。

オークさん、実はえっちげーむの妹キャラが基本あんまり好みでないのですが(最近だとハナヒメ*アブソリュートの陽良子なんかで本当にウンザリしてしまった)、この作品で登場する主人公の妹・葵のキャラは無意味に腹立つものではなく、キャラがしっかり主張していながらも他のキャラの良さを殺さない、お話の良い潤滑油になっていました。これほど妹を攻略したくなるえっちげーむがあるとは・・・・(FDで攻略可)

主人公の強キャラ設定も良い。イチャラブゲーなのに主人公がボコボコやられてたら面白さが半減しちゃうからね。

キャラ同士の絶妙な掛け合いを読んでいるのが楽しく、終始楽しませていただきました。

【ストーリー】

その島にはかつて「鬼」が棲み、数えきれないほどたくさんの宝を集め持っていた。
しかし、鬼は三匹のお供を連れた「桃太郎」に退治され、桃太郎は宝を持ち帰り、幸せに暮らしましたとさ。
めでたしめでたし。
それは、誰もが知っている昔々の「おとぎ話」――

それからはるかな時が流れ、現代。

世間は一人の怪盗の活躍に沸いていた。
その名は怪盗『温羅(ウラ)』。
神出鬼没にして大胆不敵。
盗む相手に予告状を送り、華麗な技で盗み出す。
彼は遠い昔、桃太郎に退治された鬼の末裔だという。
奪われた「秘宝」を、正当な持ち主のもとへ取り返す。
それが、彼の目的なのだと。

そして、かつて鬼が棲んだその島にも、温羅からの予告状が届いた。

島の中心に建つ学園。
誰が呼んだか『鬼ヶ島学園』。
その学園に、一人の少年がやってきた。
浦部圭介。
実は、彼こそが世を騒がせる怪盗温羅、その人だった。

折しも島では、温羅から届いた予告状の噂でもちきり。
だが、当の温羅である圭介はその予告状を出した覚えがなかった。

怪盗温羅を騙り、予告状を出した偽温羅とは何者なのか。
偽温羅が狙う「秘宝」とは何なのか。

圭介は正体を隠しながら、昼は学生として、夜は怪盗として、偽温羅や秘宝の情報を集めていく。
だが、その途上で気づいたことがあった。

学園には、かつて鬼を退治した桃太郎や金太郎、一寸法師に乙姫様の末裔たちが通っていたのだ。
時代を越え、ご先祖様の因縁を越えて、いま彼女たちとの学生生活が始まる。

これは、とある学園を舞台とした、現代の「おとぎ話」――

(公式サイトより引用)

【キャラクター】

灯ちゃん・・・鬼を退治した桃太郎の直系の子孫。生真面目。

加奈ちゃん・・・金太郎の直系の子孫。恥ずかしがりやさん。

暮葉ちゃん・・・くーにゃん言うなー。くーにゃんぺろぺろ(^ω^)prpr

乙女ちゃん・・・乙姫。意外と重要キャラだったり。抱き癖があり、主人公をよくおっぱいに埋める。おっぱいさん。

葵ちゃん・・・主人公の妹。ブラコン。本作にて数々の迷言を残した。

熊吉・・・加奈の双子の兄。何故か顔に熊の着ぐるみを被っている。「失敬な。私は変態と言う名の紳士だよ。」お笑い担当。

忍者頭領・・・お笑い担当。本当に忍者か疑いたくなる言動。実力者。実はとあるルートでは物語の重要人物。

 

【感想】

おっと、言い忘れました。このゲームでもうひとつおススメしておきたいのがOP曲『百花繚乱ファンタズム』。ネタバレ気味の歌詞なのですが、まあ良いでしょう。本当に良い曲で作品にもマッチしています。曲だけでも聴いてくだちい。OPムービーもワクワクさせる構成でALcotさんいい仕事してます。

表情差分が豊富で絵に関しては丁寧に作られている印象を受けました。えっちしーんにまでお笑い盛り込まなくてもええんやで。これも面白かったので評価ポイントですw

シナリオに関しては、くーにゃんルートが少し蛇足かな、と感じるくらいで良い作り。良く練られていると思います。プロの作品です。くーにゃんカワイイんですがくーにゃんルートでちょっとだれちゃいました。

全体的にシナリオはやや長めで読み飛ばしていっても結構お腹いっぱいに。お話のテンポは良いので、苦もなくエンディングに辿りつけます。シリアスは強キャラ主人公が解決してくれます。いちゃらぶ良き。

加奈、灯、暮葉ルートをクリアすると乙女ルートへ。乙女はおb・・・・おねえさん。

うーん、記憶を消去してもう一回プレイしたいです。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

オークさんです。 ergはシミュレーション系やRPG系を好みます。 どんなゲームも最後にはボテ腹しーんが欲しい派です。 ロープライスゲーや同人ゲーも好みます。