オタサーの姫に告られた結果wwwww


オタサーでふと思うことがあったので投稿。

始めに謝っておきますが、このゲームのヒロイン・美憂。。。オークさんはこの手のタイプの異性に非常に不快感を覚えます。

ですが、作品のお話はうまくコンパクトにまとまっており、切り口も他のゲームにないインパクトがあり、是非とも一度プレイしていただきたい、とおススメしたいものです。決して作品自体を貶しているわけではありません。

なぜ購入に至ったかといいますと、ほんの気まぐれでして・・・異色な内容が気になりリリース日に購入したのを記憶しています。原画みさくらなんこつ大先生というのもそそられました。

【ストーリー】

オタサー。
自己愛と自意識と我欲にあふれた人間たちの、全くかみ合わない【愛情】表現は、
中途半端な知識(エロゲ)と童貞的情欲に支えられ、滑稽な関係を織りなす――――。
某大学オタクサークル「メディア研究会」の一員である、主人公「飯島尚樹」は、
紅一点、オタサーの姫である「本多美憂(ミユミユ)」から告白される。

生まれて初めての、バラ色の交際。

しかし、あるきっかけで
彼女がサークルメンバー複数人とも交際中、性的関係を持っていることを知る……。
……今もその関係は継続中らしい……。

他のサークルメンバーたちは、二股をかけられた姫に失望、復讐を決める。

―――――だが、尚樹だけは狂っていた。 (紹介文より引用)

【キャラクター】

飯島尚樹・・・主人公。傍観者気取り。自分が困ると論点をすりかえ、自分のことを棚にあげるありがちなオタク。「俺はすごくイケてるわけではないが、周りのこいつらよりはイケてるに違いない。」そう信じて疑わない。

本多美憂・・・ヒロイン。オタサーの紅一点。外見を取り繕うのは上手だが、内面は崩壊している。嘘つきで臆病。オタクの扱い方が上手。

他サークルのメンバーも紹介したいところですが皆ありがちなオタクですw

【えっちしーん】

抜きゲー向きかというと少し難しい。抜きに使うよりお話を楽しむほうが良い気もします。和姦は少なく、輪姦ものやザー飲、アナルFAXとかが多かった印象。塗りは丁寧でよいものですが精液描写独特のため苦手なしとは注意。こういう調子に乗った女をこれでもかとえちちするのが好きなしとにはビビッとくるんじゃあないでしょうか。

【本作品のポイント】

紹介ページにも記載されていますが、2週目から楽しめる裏垢システム、これがやはり本作品の素晴らしいアクセントでしょう。表では良い顔をしておきながらも、裏ではドロッドロの粘着質な悪態を並べています。クソ女にありがちな、クソ女のクソっぷりを余すことなく表現しております。

しかしクソっぷりだけではありません。彼女もまた悩んでいることが伺えます。彼女も望んでサークルクラッシャーになりたがっている訳ではなく。我々男の視点で「オタサーの姫」の概念を凝り固めてしまっているのだなと少し反省しました。オタクがオタサーの姫を作り上げてしまっている。

オタサーの姫はクソ! という謳いで紹介されているように感じる本作品ですが、果たしてそうでしょうか。登場人物のオタクたちも結構癖のある輩ぞろいです。でも、このオタクたちってなんだか自分に似てるんですよね。。。。プレイしていて、過去の自分の性格と重ね合わせてしまった所為でちょっと複雑な気分になりました。(こういう経験があったわけではないですよ?w) 何かのオタクなら、プレイしていて嫌でも共通点に引っかかるんじゃないでしょうか。

逆の視点って大切なんです。シナリオは薄っぺらいですが、このゲームには強いメッセージ性が込められているように感じました。改めて振り返るとプレイしてみてよかったなあと。


The following two tabs change content below.

ミュルミナ

オークさんです。 ergはシミュレーション系やRPG系を好みます。 どんなゲームも最後にはボテ腹しーんが欲しい派です。 ロープライスゲーや同人ゲーも好みます。

最新記事 by ミュルミナ (全て見る)