明日の君と逢うために


オーソドックスな純愛ゲーがやりたくなった時に、たまたま見つけて購入。
そんなわけで、珍しくムービーを予約後に見たゲームでした。
シンプルで可愛らしいパッケージから、キャラ萌え的な部分を主に期待していました。
それが大当たり。
さらにお話も何気にしっかりしていて、これまた当たりという喜ばしい結果になりました。

自分の中では、未だにパープルさんで一番の作品です。

>>>ゲーム公式サイト

■テキスト・シナリオ
キャラ萌え的な意味では戦力十分です。
思う存分堪能できます。
あさひ先輩かわいいんじゃ~。
みたいな。(本音)

個々のシナリオで言えば意表を突かれるような展開は全く無く、むしろベッタベタなお涙頂戴展開をガチでやってくるタイプのストロングスタイル。
ただ、ルートロックが嫌いな自分でも、その意味とお話の展開を考えて納得できるくらいに、それぞれのシナリオがこのゲーム全体に対して意味があります。
それぞれのヒロイン攻略したよ、良かったね。では無いんですね。
といっても、攻略した事で何か手がかりが得られるとか、そういうわかりやすい関連性ではありません。
シナリオの最後の最後までかけて提示するテーマ的な部分です。
それぞれのキャラシナリオで語った内容やテーマが収束してゆく、とでも言うのでしょうか。
ああ、このために有ったのか。と、やっていて納得しました。
複数ライターでよくブレが出なかったなぁとも。
終わった後見ると、「明日の君と逢うために」という作品名は、これしかないというタイトルだと理解できると思います。

とか何とか言ってきましたが、そこまで意識しなくても、ベタな展開が好きな人なら個々のシナリオだけでも十分楽しめると思います。
期待していなかった分、評価が甘くなっている事は否めませんが、それでも気に入っています。
「向こう」へ渡った人の考えをどう受け取るかで、評価が大きく変わる気もしますが。

テキスト面では、上手いこと言うなぁと感心しつつ笑わせてもらえる箇所が所々あったりと、飽きる事がありませんでした。
基本的にヒロイン勢は頭の回転の速い子達なので、急に言葉で刺しに来たりするのも面白いです。
そういった笑いは、パロディで笑わせるものより好きなので、なお好感触でした。

■キャラクター・ビジュアル
(後に)ISのアニメ版キャラデをやる人が原画なので、そりゃもうカワイイ。
キャラデが好みだというのも有りますが、塗りが丁寧なのも好印象。
ただ、アニメ風のパッキリした塗りが苦手な人はちょっとキビしいかもしれません。
あさひ先輩かわいい。
七海をはじめとして、脇キャラも強力。
というか七海は存在感が強すぎて、スピンオフが作られる始末。
たまにウザいけど、基本的にはとてもいい奴です。
登場キャラそれぞれに存在感や印象的なシーンがあるというのは、作品に深みを出す重要な要素だと思います。

ムービーは「何で無駄に裸なの?」という部分を除けば、ゲームの雰囲気を良く伝えていると思いますし、サビ前のポン変えでカットが移ってくシーンから最後まで、本編を見てみたいと思わせる構成だったように感じたので、非常に良い出来だと思います。

あとは、通常シーンの背景で波が動いてたりと、ちょっとした所で凝っています。
立つ、座る、で相対的に視点が変わる所とか、一緒に歩いている相手は上下動したりとか。
この当時ではかなり先進的でした。
立ち絵も表現豊かで、後ろ頭の立ち絵もあったのが印象的。
使いどころも上手でした。

■音まわり
OP(「TIME」)、ED(「only…」)は共に、作品テーマに沿って訴えかけるものを感じる曲調で、非常に印象に残っています。
声に関しては、サブキャラも含めて文句無しでした。
そりゃそうだ、というメンツですね。

■満足度
満足度で言うと、購入目的は余裕で満たしてくれた上に予想外の部分(シナリオ)でも楽しませてくれたので、十二分の出来と言って良いでしょう。
神様という、ともすればトンデモ話になってしまいがちなものを持ってきてはいるものの、それを作品の中で地に足のついた存在にしているため、取っ付きにくさは無かったです。
個別ルートに入った後も、他のキャラがしっかり絡んでくるので、それによって他キャラの魅力を掘り下げ、且つある種のリアリティを維持する事に成功していると思います。
ストーリー物だからといって、鬱っぽかったり世界やヒロインをかけて戦ったり、厭世的な雰囲気を出したり特殊能力を持っていたりする必要は無いんだと、改めて思わせてくれました。
この感想の中でさらっとネタバレをしていますが、気にしない方向で。

ただ単にキャラカワイイ! という楽しみ方も有り、お話を楽しむも有りの作品。
注意する事があるとすると、キャラ萌えゲーの割にはストーリー的な長さがあった気がするので、それがお嫌でなければ是非オススメです。


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)