彗聖天使プリマヴェールZwei


正義の変身ヒロインをキャッチ&リリースしながら、徐々に卑猥な事を身体に教え込むゲームです。
毎週負けるプリキ○アみたいなイメージ。

普段あまりやらないジャンルにも手を出してみようチャレンジの一環として購入。
これ以降、調教モノもいけるようになりました。(開眼)
なんというか、内容としては悪くないのですが、制作側の意気込みが空回ったというか余計な事までやり過ぎてしまったというか、色々惜しい作品です。

 

■システム
メインとなる調教パートの出来自体は良く、(1周目は)楽しくプレイしました。
調教パートでは4つのパラメータ(主人公のHP、Pエナジー、エクスタシー、ダークエナジー)に注意して進める事になるのですが、単純に総当りでやれば終わるわけではなく、試行錯誤する余地があるのが好印象。
毎回1週間という期間制限があるのも、良いバランスでした。
調教時の各コマンド選択に対するリアクションも、通常時と絶頂時やフレアのステータスの状況によって変わるので、ついつい色々試したくなります。

2周目からは調教シーンもエロどうこう以前に鬱陶しくなっていますし、シナリオの分岐条件の不明瞭さも展開が間延びする原因の1つになっていると思います。
1番の問題はシナリオコンプの都合上、周回プレイが求められる事ではないでしょうか。
何度も同じ作業をするハメになる周回が前提な構成にも関わらず、フレアとの戦闘も時間ばかりかかる割りに難易度は低く、真っ当に進めていれば戦闘はただのルーチンで終了。
平易な割に時間だけはかかるので、それがまた作業感を助長していたように思います。
「面倒なこたぁ抜きにして、とっとと堕としてぇんだよ!」という人には不向きでしょう。

■テキスト・シナリオ
ただの変身ヒロイン調教ものだと思ってやったら、意外とストーリーがありました。
そして終わるまで物凄く長かった。
シナリオ自体はそれほど長くはないのですが、間のゲーム要素が飛ばせないためプレイ時間が長くなります。

終わった後で思い返してみると、ケンイチとプリンスの関係性なんて余計な事はやるべきではなかったのだと思います。
明らかに手に余っている感が有り、料理できる材料ではなかった事を物語っています。
とういか、そもそもケンイチ関連はまとめて不要だったのでは。
共通部分も長いので、セカンドプレイ以降は既読スキップでぎゅんぎゅん飛んで行きますが、それでも結構待たされます。
ただテキスト面では、プレイヤーを楽しませようという意志が感じられ、覆面の隊長達にもドラマがある等して面白かったです。
褒美に対するリアクションの違いまで作りこまれていました。
こういう芸細な所は非常に好印象です。
せっかくテキストや小ネタ等では楽しませてもらえたのに、トータルバランスの失点で覆い隠されてしまうのがもったいないですね。

■キャラクター
・フレア
メインヒロインであり、主にぐちゃぐちゃにされる人。
1週間ボロボロにされても、その後1週間インターバルを取ればまた気丈に立ち向かって来る、堕ちない女の子。
ただし判断力等の頭を使う分野は苦手なので、色々とちょろい娘さん。

・ルナ
フレアの姉貴分であり、調教は段階選択しか出来ない代わりに地味にエグい内容な人。
悪堕ちしてからが本番で、主人公と一緒になってフレアをボロ雑巾にする係。
正気を保っているのは序盤のほんの少しとかだけなので、ふんわりお姉さんキャラ的なを期待してはダメ。

・キルヴィール
主人公と同じ組織に属していながら、対立している生意気系ロリっ子。
ルートによってデレたり女王様だったりするので、諸々のニーズを補完している。
ただしロリに限る。

・メリッサ
主人公の副官だが慇懃無礼でメカ的思考体系のクールビューティー。
主人公が上司としては使えない奴なので色々と苦労性な上に、性的にも被害者になる事が多い損な役回り。
オー人事、オー人事。

・主人公
キルヴィールを辱めている際に
「ロリコンではない! ロリコンではないが……おまえのその姿にはくるものがある!」
とか、弁解の余地が無さ過ぎる台詞を吐いていたのが面白かった。
基本的に攻める側で、オラオラな主人公様です。

ミルフィは、いつか「えんいー」とか言い出すんじゃないかとハラハラしましたが、ただそれだけの存在。
ケンイチ氏はとにかく気持ち悪くて、むしろフレアが可哀想になりました。

■音まわり
EDは全ルート同じ曲かと思いきや、歌詞が違っているという面白い作りでした。
そのEDヴォーカルソングは純愛系のものと思えるような曲で、作風と併せて考えるとなんだか面白かったです。
声に関しては、フレアの人お疲れ様でした以外に言う事は特に無いですね。

■満足度
作業部分が飛ばせないにも関わらず、周回を強要される仕様が、全ての足を引っ張っていたのが残念です。
ゲーム(パート)デザインは良いのに、ゲーム(トータル)デザインは悪いというもったいなさ。
肝の部分はしっかりしているだけに、非常に惜しい作品だと思いました。
1周で終わるか、2周目は作業部分がスキップできるようになっていたら、かなり満足度の高いものになっていたと思います。
ストーリーも、グランドルートはなんだか色々と超展開やら変なHシーンやらでダレてしまったので、無しにしてもらった方が楽しい印象のまま終われたかと。
ただ既に何度か述べたように、ゲームとしての各パート(戦闘、調教、部下育成)の出来自体は悪くはないし、1周目は本当に楽しくエロく感じたので、メーカーさんにはこの路線を維持しつつ上記の不満点を改善した次回作を望みます。

1人のヒロインを時間をかけて調教してゆくのが好きな方や、調教バリエーションも豊富なので、カワイイ系の絵柄にわりと酷めのプレイをするのがお好みな方にはおススメです。


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)

最新記事 by めたすら (全て見る)