グリーングリーン


男子校に大人の都合で編入してきた女子生徒群にドギマギしながら普通の青春をエンジョイするつもりだったのに、人間を廃業して♂(オス)にジョブチェンジした友人達に囲まれ、周りの勢いに流されつつ気付けばSF(すこし・ふしぎ)世界に叩き込まれたり込まれなかったりするお話です。

バカゲーのメジャーどころと言えばコレ。と言ってもよいのではないでしょうか。
バカなのは主にサブキャラですが、アクの強さではなかなか他に類を見ないレベルです。
元々はムービーが良かったので「明るい学園モノならそれでいいや」と、それほど期待せずに購入しました。
テーマソングの印象そのままのアッパー系ゴキゲンゲームで、期待を上回る嬉しい誤算。

ただ、このゲームにはハードルがあり、それを越えられるかどうかで評価が変わると思われます。
1つ目はアクの強い脇キャラ達。天一のこってり、二郎のマシマシ並に濃いキャラが、ヒロイン達より出演時間が長いのではないかというほど出ずっぱりなので、彼らに嫌悪感を抱いた時点で脱落する事必至。
2つ目は物語的な面白さの欠如。こう言うとADVとして致命的に聞こえますが、「このゲームはそこを楽しむためのものでは無い」と割り切る事ができれば、バカトーク地獄(褒め言葉)を楽しめます。
この2項目をクリアできて、頭を空っぽにして楽しめるという人でないと、少々キビシイかもしれません。
ついでに言うと、絵の傾向からしてHシーンには期待しておりませんでしたが、案の定無くても全く差し支えないような扱いで、むしろ♂キャラのトーク部分の方が、このゲームが成人指定となっている主な理由なのではないかと思わされました。

 

■テキスト・シナリオ
会話のやりとりの突き抜けたバカバカしさが、私には良い方に作用して好印象。
天神と小みどりによる朝のショートコントなんかもツボでした。
お話の進め方は、マップにヒロインを模したアイコンが表示されるので、目的の娘さんの所に行くという、オーソドックスなマップ選択式。
各ヒロインルートのシナリオは、まずEDありきで作られたような印象で、シナリオというよりも処理(見せ方)は悪く有りませんでした。(メール/サボテン/ラジオ)
ただ、そこに辿り着くまでの過程が物語として面白くなく、無理矢理感が漂っていて微妙。
主人公に対する好意も、「催眠術でもかけられたのかしら?」と思うほど唐突で、この手の話によくある事とは言え物語性を下げている感は拭えません。
とはいえ、当作のメインはおバカ部分だと思えば、全く気にするほどのものでは無い瑕疵だと言えるでしょう。

■キャラクター
・千歳みどり
青々と繁る葉を見ては口に入れ、腐葉土を見ては口に入れるという人型堆肥化発酵容器。
初対面の主人公にラブラブ光線照射。

・朽木双葉
鼻持ちならない女を地で行く貧乳。
実効性のある暴力を標準装備な上、妹(若葉)を奴隷のように使う冷血。

・朽木若葉
姉(双葉)とは遺伝子レベルで違う事をうかがわせるほどに性格が違う、健気系妹。
誰かの役に立つ事が大好きと公言し、その延長で脱げと言われたら躊躇いもなく脱ぐ、オツムが可哀想に見えなくもない娘さん。

・美南早苗
クスリ漬けになっていて、それ無しではいられない。喋り方や雰囲気から、恐らくダウナー系。
最近シャバに出てきた、といった内容の事を口走ったりする。

・飯野千種
しょっぱなから主人公に対してパワハラを繰り広げる癖にセクハラに対しては過敏な、女権論者を彷彿とさせる保険医。
その癖、おっぱい星人なら陥落必至な胸で男を誘惑するのがライフワーク。

※上記紹介にそれぞれ嘘は書いてありませんが、誇張はされています。
ヒロイン達による加点分よりも、天神や総長、小みどりといった脇キャラ達が稼いでいます。
脇キャラがこれほど前に出てきて、しかもそれが邪魔臭く無い(鬱陶しくはある)という点に感心。
「自分からは何もしない」、もしくは「その感情からどう導かれたのか理解できない行動をとる」主人公というのは、当作に限らずよくいるキャラですが、このゲームの場合はそういう性格になった理由がなんとなくわかる(3馬鹿に振り回されてた)点で、まだ救いがあったかもしれません。

■ビジュアル
アニメ調のクセのある絵で、それに目をつむってもイベント絵で崩れたりするのは明らかにマイナス点。
彩色もなんとなくまちまちで、やや不満。
正直申し上げてエロスはまるで感じません。
絵柄自体は作品世界に合ってるだけに残念。
購入動機にもなったムービーは秀逸。

■音まわり
OPテーマの他に、各キャラのEDにもそれぞれヴォーカル付きテーマがあり、BGMも含めて全てに「力入ってるなぁ」という印象。
声は、フルボイスの♂キャラがとても頑張っていて印象に残っています。
ヒロインに関しては「こいつが!」というツボキャラはいないものの、ミスマッチは無く、概ね満足でした。
轟と総長の中の人、ホントお疲れ様です。

■満足度
「グリーングリーン」という世界を作るのに成功しているので、かなりの高評価です。
そりゃ続編も作るでしょう、という出来。
これで物語にも力を入れてくれれば更に良かったのですけどね。

リミッターなんて糞喰らえな悪友と、無闇に個性的な♂キャラ達とバカをやりながらも、カワイイヒロイン達ともよろしくやる青春を体験したいという方は是非。


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)

最新記事 by めたすら (全て見る)