ステルラエクエス ~贖罪の姫騎士~


幼馴染とHするついでに世界について考えるゲームです。
変身ヒロインものなのに、徹頭徹尾ラブラブ和姦にこだわった内容。
そうは言ってもサンプル画像にクリーチャーっぽいのにやられてるのあるよ?
と思われるかもしれませんが、信じてもらって構いません。
おそらくこのゲームの購入動機は、殆どの人が絵でしょう。
少なくともそこは裏切らないので、最悪でもHシーン集としては価値があります。

■テキスト・システム
ゴールデンドーンだったりユングだったりと、出典に節操がない印象。
テキスト中にハートマークが乱舞する(特にHシーン)のは、嫌いな人は嫌いでしょう。
自分はあまり気になりませんでした。
どんどん話が大きくなっていくので、読んでいるうちに「これ、どうやって収束させるんだろ」と気になりました。
で、「さて、どうやってひっくり返すのかな」と居住まいを正した瞬間、エンディングロール開始。
正直、かなり度肝を抜かれました。
まぁこんな風に考えられるのも、それ以外の部分では低価格ソフトとは思えない出来だったからだとは思います。
フルプライスでこの終わりだったら、最悪の印象だったと思います。
そういえばタイトルですが、どのへんが「贖罪の」だったんでしょうか?

■主人公
ヒロイン専用の外付けバッテリー

■キャラクター
・児珠十六夜(CV:みる)
長いツーテールに強気な目元等から、一見ツンデレキャラに見えるますがツンは有りません。
常時デレ。
ツンデレスキー様方には残念なお知らせですが、自分にとっては福音。
日常シーンでは普通の世話焼き幼馴染で、Hシーンでは輪をかけてデレるというハイブリッド娘。
ひたすらに主人公が好きで好きで仕方が無いと、ガンガンアピールしてきます。
それはもう胃がもたれるくらいに。

・フォーミュラ(CV:大波こなみ)
典型的な無口無表情系ロリキャラ。
ちょっと絡んだと思ったらそれまでなので、いまいち存在理由がわからない子です。

■ビジュアル
なんと言っても塗りが丁寧。
カットインで一部がアップになる演出があるけど、アップになる際単純に元絵を拡大しているのではなく、アップ用に塗りなおしているっぽいのが好印象。

下着のバリエーションは十六夜が3種類、フォーミュラが2種類。
デザインもとても良い。
もともとパケ絵の下着に惚れて買ったようなものだし。

■満足度
フルプライスゲーをやってる感覚になって、「ここをもっとこうしてくれれば……」みたいに思う事が多くなってしまいがちですが、残念これは低価格ゲー。
そんな具合で、低価格ソフトに漂うあの独特の感覚はあまりありません。
ストーリーに関しては、いかにも低価格ソフトな内容ですが。
ヒロインが1人なのも、同様。
とは言え、ヒロインの魅力は上手く表現できていたし、CGも素敵だったので、印象はかなり良いゲームです。
エロ目的な事が大前提ですが、ヒロインの見た目や声が気に入って、和姦スキーな人は買って損はしないと思います。


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)

最新記事 by めたすら (全て見る)