受け触手


タイトルとOHPをキチンと見た上で購入したのであれば、いわゆるバカゲーである事を重々承知の上である事は間違いない本作。

やどり「あ、みーくんおはよう……今日もいい粘液ね」

起動してみると、タイトル画面が主人公(触手モンスター)のドアップ。
更にはタスクバーのアイコンも主人公(触手モンスター)のドアップ。
他ゲーではヒロインとかブランドロゴやイメージキャラの居る場所なのに。
おかげさまで、最小化しておけばエロゲーをやっているようには見えません。わーい。

■テキスト・システム
幼馴染と妹の両ヒロインは、それぞれ触手である主人公を全肯定で最初から好感度MAX。
それどころか常時SEXを迫って来る。
ヒロイン同士お互いを牽制したりと軽い三角関係を演出しつつ、テンポのいい会話でストーリーが進む。
それにしても「虹とスニーカーの頃」の歌詞パロなんて、気付く方が稀なんじゃなかろうか。

ストーリーは有って無いようなもので、単純に塩見君を出したかっただけではないかと思う程。
そもそも塩見君は”空飛ぶスパゲッティモンスター教”が元ネタであるし、その神を自称する彼が、「見えざるピンクのユニコーン」がいると主張している点から、”ストーリーが無いのに有るような体をする”というかなり捻くれたジョークと受け取れなくもない。気のせいだろうけど。

声に関する所では、詳細は覚えていないけれど、いくつか漢字の読み間違いの印象が残っている。
これは”台本を読んでいる人がいる”という事が透けて見えてしまうため作品世界の外を強く意識させ、その結果として冷める要因となってしまう。
低価格とはいえ、制作側の意識さえあれば容易に防げるマイナス要素な分、これが有るだけで雑に作られたような印象になるので注意していただきたい。

■主人公
触手。
触手の生えた人間とかではなく、触手。

■ビジュアル
イベント絵において、同じキャラでもシーンが違えば下着も違うものになっていた点を、個人的には大きく評価したい。
塗りは、アップになるシーンが有るやどりで特に目立つが、髪に(乗せてるテクスチャ?に)違和感を覚えた。
あの表現だと髪が1本1本の集まりではなく、面扱いになっているように見えてしまう。触手に乗せる分には良いのだが。
精液の描写は、触手のモノである事も鑑みて良好だったと思う。

ただ、全体的な出来のよさの中で気になってしまうのがHシーン。
「メチャクチャにされる」とか「ケダモノの様に犯される」といったような事を作中で言っている割に、プレイ内容は極めてソフト。
ヒロインが喜んでるからそう見えるというわけでもなく、実際にソフト。
例えば、触手といえば無尽蔵な量と無限に続くと思わせる回数行われる射精が定番の1つとして挙げられるが、本作では1シーンを除いて1発で終了。
塗りの項で書いた通り精液の見た目は悪くないので、唯一2度の射精をするシーンのように、重ねがけを多くのシーンでやってもらいたかった。
加えて、触手といえば相手の穴という穴を同時に責める事が出来るのも利点の1つだが、本作ではそういったシーンは一切無し。
せっかくの触手なのに前の穴しか責めないという、もったいないお化けが大挙して押しかけてくるであろう残念っぷり。
主人公が普通の人間になりたいと願っていたから、普通の人間のセックスと同じ事しかしなかったんだよ。という理屈かもしれないが、実際のところ途中から制御が効かなくなっているのが殆どなので、理由としては弱い。
むしろ各シーンの導入こそ優等生主人公の僅かな理性でもって留めていても、途中で完全に制御が効かなくなって複数攻めに及んでしまうという方が主人公の悩みにも則しているし、プレイヤーにも優しかったのではないだろうか。
これは本作のソフト極まりないHシーン全体にも言える事。
現状のソフトさでは、主人公がアレコレ悩んでいるのが「それがどうした」というレベルで鬱陶しく感じるだけで、深刻さが伝わって来ない。
なので、ヒロインは各シーンの序盤は犯してもらえた事を喜んでいても、途中からは制御不能となった主人公の触手による苛烈な攻めに苦しむ程に蹂躙され、それでも事後はまた触手を求める。くらいの構図にした方がヒロインの異常性とそれにまつわる主人公の苦悩や疑念も納得できるようになったのではと思う。
ほのぼのコメディな日常とのギャップも効く。
そうできなかったのはブランドカラーによる制約という面も有ったのかもしれないが、残念。
上記の内容を足して、ミドルプライスで出して欲しかったという自分のわがまま。
低価格として見れば、Hシーンはそこそこまぁこんなもんでしょう、というくらいの内容です。

■満足度
色々不満点を述べましたが、それも本作にそれだけのポテンシャルを感じた事の現れと思っていただきたい。
着想もキャラ造形もテキストのテンポも良く、良質のバカゲーとして楽しめた事は間違いありません。


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)

最新記事 by めたすら (全て見る)