テラべっぴん


どこから突っ込めばよいのやらというタイトルやら設定やら名称を、気軽に放り込んで来てくれるバカエロを旨とするゲーム。
だと思ってやってみたが、これは最初からバカエロを作ろうとして考えられたというよりも、ストーリーのネタ先行でそのネタをどう料理するか色々考えた結果、バカエロ方向に落ち着いたのではないかという印象。
ストーリー部分だけ抜き出してみると、やりようによってはシリアスとか別の展開にももっていける内容なので。
(絶対的存在から命令を下されて、実行しない限り脱出不可能な異空間)
今の若者は、映画好きでない限りジュマンジなんて知らないんじゃないかしら。

■テキスト・システム
カードの選択肢は、何のために有るのかわからなかった。
どれ選んでも同じなら、ゲーム進行の妨げになるので選択肢は要らなかったのではないでしょうか。
意外と(失礼)ちゃんとしたストーリーが有るだけに、尚更です。

1つ1つのHシーンのハードさはそれ程有りませんが、シチュエーションのバリエーションが非常に豊か。
触手レイプ風、スライム姦、ボテ腹H、遠隔絶頂などなど。
そのため、自分がどの属性が好きかわかっていないとか、抜きゲー自体初心者であるといった層の入門用に良いのではないでしょうか。
このゲームを全編やって、グッと来たシーンがいくつか有れば、そのプレイが自分の好み属性だとわかるので、後は属性ピンポイント狙いでハードな他のエロゲにお任せする感じで。
そう考えると、このゲーム自体にある程度もお話が有るのは非常に良い。

■主人公
こいつに惚れてるヒロインが馬鹿に見えるくらい愚か。
極限状況下における精神の不安定さを加味したとすると、逆に周囲の落ち着きが気になる。
キャラクターの思考・態度は周囲のキャラクターと相対化して見られるので、主人公が精神的袋小路に追い詰められて言動がみっともなくなるなら、ヒロイン達もそれに準じて狂ってくれないと主人公の評価が下がるだけ。
精神年齢で言うとちょうど小学生くらいのイメージ。
作中に挟まれる回想というか夢のシーンと重なるので、何か意味があって幼い印象にしているのかと勘ぐっていたが、そんなことはなかったぜ。

■ビジュアル
スッキリした絵柄で頭身は高め。しっかりエロく描かれていて良い。
お尻に愛を感じた。凄く良い。
フェラ絵において、全体的に棒の咥え込みが浅い。
殆どが亀頭部分までしか口に含んでないんじゃないか。
出す所に対する愛は溢れているのに、食べる所に対する思いが弱いのは片手落ちなのではないだろうか。
下品ですみません。

憧子の受精観察のシーン、内部断面図は最近流行りだけど、それをゲーム内リアルの現象として扱ったのは珍しい。
しかも構造がリアル寄りに描かれていて、逆に生っぽくて卑猥。

体育祭はどれも馬鹿馬鹿しくて面白かったけど、お気に入りと言うと雪かな。

■音まわり
猫井さくらさんは、こういった落ち着いたトーンの方が好き。
高音ロリ方面は個人的にちょっと……。そういった意味でディレクションも良い。
全キャラのHシーンで、ちょっと絶叫が長いし多用され過ぎ。
これは飽きが来るというか、メリハリという点で問題だと思う。

OP曲の良さに、良い意味で腹が立つ。
胡散臭い雰囲気がよく出てる。
MOSAIC.WAVの曲は結構聴いていたのだけど、雰囲気が違うだけで瞬時に気付けなかった自分に失望した。

■満足度
主人公という減点対象があるものの、全体的には真面目に馬鹿馬鹿しい事をやってくれる良作。
既述の通りお話も決して悪くないので、飽きも来ずに読み進める事ができる。
やはりベテランエロゲーマー向けというよりは、ビギナーもしくはヌキゲビギナーに向いてるでしょう。
バカエロは、ある意味エロゲでしか楽しめない部分でもあるので、この手の作品は出し続けて欲しい。


The following two tabs change content below.

めたすら

季節ゲー、田舎ゲー、雰囲気ゲーが好物。バカゲーは別腹。 無気力主人公は苦手。 予約購入したエロゲを写真で残す奇癖有り。(Twitterのモーメント参照)

最新記事 by めたすら (全て見る)