ぎりギリLOVE


ショさんです。
2作目はゆーめーどころを書かないとこれ、ゆーめーどころの感想かかれることないんじゃないか
と思い悩んだ結果「ぎりぎりLOVE」です。
うっ歌はKOTOKOさんだし、KOTOKOさんはゆーめーだから・・

■あらすじ
幼馴染を亡くし、そのことを考えないように海外で勉強をした主人公が数年ぶりに帰国してからおこる出会いとバトルのお話。

■キャラクター
・七海
義理の妹とても人見知りで、小さい頃から懐いていた主人公以外には無口・・・なはずのとてもかわいい女の子
・香奈
亡くなったはずの幼馴染と同じ名前、面影の女の子
・主人公
ロボット工学の博士となり日本に戻ってきた青年

今回は感想の内容的にもこの3人のみで。。。

続きでネタバレなしのストーリーと感想

■システム
このゲームにはギリギリバトルというシステムがあります。
ゲームの双恋にあったツインビューのようなシステムといえば・・・わかる人…少なそう…
まぁ、実際珍しいというだけでそこまで凝ったシステムでもなく回数も少ないです。

■シナリオ
七海ちゃんかわいい

■曲
OP曲「Just as time is running out」、ED曲「unsymmetry」どちらも物凄くいい曲よ?
発売から大分経過した今も聞き続けています。
OPの元気がでる明るい曲、EDのしっとりした曲どちらも1度は聴いて、ほんと、聴いて?
KOTOKOさんの曲はたくさんありますが、この2曲はずば抜けていると思います。
「ぎりギリLove」はこのOPEDを聴くためといってもいいくらいです。
機会があればこの2曲きいてね!


The following two tabs change content below.

ショ

最新記事 by ショ (全て見る)